北朝鮮の核実験の実態やいかに!? ~プルトニウム生産能力と「ブースト原爆」の脅威~

核兵器
09 /10 2016

先日北朝鮮がやっちゃった核実験、核出力10キロトンということで弾道ミサイル開発に加えてこちらも確実に実用化に近づいておりますねェ(´ºωº`) 実は北朝鮮は今年6月の段階で核兵器用プルトニウムの生産を再開してたっぽい事がIAEAから発表されてました(゜д゜)


熱出力5000キロワットの黒鉛炉の稼働と再処理施設の動きから作られたというプルトニウムが今回使われたのかもしれません。北朝鮮がどれくらい核兵器に適した高純度のプルトニウム239を、再処理で抽出できるかはわかんないんですけど、今年1月の「水爆実験」と称した核実験が気になります。

ブースト原爆の可能性


水爆程ではないにしろ、同じように核融合を利用して中性子で原爆の出力を増強させるという「ブースト原爆」の実験だったとしたら…

ブースト原爆は、プルトニウムの核分裂の熱エネルギーで重水素とトリチウムを核融合させ、その時出る中性子でプルトニウムをさらに核分裂させて核兵器としてのパワーを向上してます。
つまり普通は十分な核爆発に至れないような多少質の悪いプルトニウムでも核爆発できるレベルまでもっていけるかも?という。トリチウムをリチウムから生産するための設備が必要になったり、ブースト原爆の開発も大変です。
リチウムに中性子を照射する原子炉と、照射した後にそこからトリチウムだけを単体で取り出す必要があるのです。あと質の悪いプルトニウムは同位体比の関係で放射線量と発熱量が多くなる場合があって、組み立て時の被曝とか、発熱の機器への影響があったり。
普通に原爆を作るより技術が必要になる場合もあるのです。核兵器の拡散防止を担保してるのは「保障措置」というウランやプルトニウムみたいな核分裂性物質の規制や管理なのです。

それに比べて核融合燃料の重水素やトリチウムは入手は遥かに容易で、重水素なんてそこら辺の海水から分離できます。トリチウムは原子炉があれば副産品として作れますし。

核兵器の拡散は防げるか?


核兵器の拡散防止のため、IAEAではプルトニウムの質の良し悪しは特に関係なく「プルトニウム238が80パーセント以上のもの以外」すべて保障措置の対象です。ちなみにプルトニウム238の割合が80パーセント以上のプルトニウムって何かというと、宇宙探査機用の原子力電池に利用される熱源です。
プルトニウム238は他のプルトニウム同位体と比較して発熱量と、中性子線量が桁違いに大きく、プルトニウム238は最も核兵器に使用できないプルトニウム同位体なのです。原子力発電所の核燃料にプルトニウム238を混ぜることで、その核燃料が核兵器の原料に転用されにくくする研究もあります。
なので核兵器に適したプルトニウム239が93パーセント以上という、いわゆる「兵器級プルトニウム」じゃなくても核兵器に転用できる可能性が(将来含めて)ありえるかもって事かもしれません。この重水素とトリチウムの核融合による「ブースト」技術などがあれば、必ずしも兵器級と言われる程質の良いプルトニウムでなくても、核兵器に転用できる可能性があるということです。
もちろん高品質な兵器級プルトニウムを作れるに越したことはありませんが、比較的入手しやすい技術で、核兵器には「兵器級プルトニウムが必要」という条件を緩和できるかもしれないのです。その点北朝鮮がどれくらい技術やノウハウがあるのかは未知数ですが、脅威の度合いは時間と共に大きくなっているのです。
つまり北朝鮮に兵器級プルトニウムを作る能力があればもちろん脅威ですし、兵器級プルトニウム程質の良いプルトニウムを作れなくても、ブースト原爆などの技術が確立されてればそれも脅威というわけなのです。
スポンサーサイト

北朝鮮の水爆実験について ~熱核兵器とブースト原爆~

核兵器
01 /11 2016
先日北朝鮮が4度めと言われる核実験を実施したと報じられました。

その時に公表された内容を元にツイッターに色々書いてたんですけど、
こちらのトゥゲッターに纏めていただきました。ありがとうございます。

北朝鮮の「水爆実験」についての原子力魔法少女ともにゃんさんの見解
http://togetter.com/li/922319


とりあえず水爆がどういうものか、本当に北朝鮮が開発し得るものなのか、ちょっと考察してみました。

続きを読む

アメリカの高高度核実験「アルガス作戦」

核兵器
06 /28 2015
これまでアメリカは何度も地上や空中、水中、地下などにおいて核実験を行ってきました。

その中で宇宙空間における核実験が行われた事もあります。

高高度核実験、HANEと呼ばれるもので核兵器を宇宙空間で炸裂させるというものです。

1958年に実施された核実験計画「アルガス作戦」においては、アメリカ海軍のミサイル実験艦AVM-1「ノートン・サウンド」から核出力1.7キロトンのW25核弾頭を搭載したX-17観測ロケットが用いられました。W25核弾頭はF-106戦闘機などに搭載する空対空核ロケットAIR-2「ジーニー」にも搭載された核弾頭です。このW25核弾頭を搭載したAIR-2は別の核実験計画「プラムボブ計画」における「ジョン実験」においてもユッカ・フラッツ核実験場にて上空4500メートルの大気圏内でも実験が行われています。

実験は当時別に行われていた核実験計画の「ハードタックI作戦」と「ハードタックII作戦」の間を縫うように極秘裏に南太平洋上で実施され、核弾頭を搭載した観測ロケットを搭載した「ノートン・サウンド」のほか、ロケット追跡用レーダーとして「AN/MSQ-1A」を搭載した空母「タラワ」や給油艦「ネオショー」やギアリング級駆逐艦などの艦艇が参加していました。

070426-F-1234S-005.jpg
▲アルガス作戦で用いられたものと同型のX-17ロケット(Image:USAF)

続きを読む

ともにゃん

宇宙開発や原子力が大好きな魔法少女(文系成人男子)です。同人サークル「東方旅客鉄道」「隙間科学研究所」の中の人。絵描いたり同人誌書いたり。たまに女装コスプレイヤー。 人工衛星・宇宙探査機/原子炉・原子力電池/核兵器・軍事(現代兵器)/ゴスロリ女装/自作PC/まどマギ/東方/無線/バイク/鉄道/創作など。日本原子力学会員

88年生まれ
三重県出身 東京都在住

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。