スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝】核融合科学研究所で重水素実験開始!

その他
03 /07 2017
岐阜県土岐市の核融合科学研究所において、大型ヘリカル装置「LHD」で、重水素を使った核融合実験が今日から開始されました!(´>؂∂`)❤

将来の実用化が期待されてる核融合炉で「磁場閉じ込め型」に主に分類される「トカマク型」と「ヘリカル型」のうち、ヘリカル型と呼ばれるタイプのものです。ねじるように配置されたコイルが特徴的です(っ`•ω•´c)かっこいい!


▲大型ヘリカル装置「LHD」(Credit︰NIFS)

そして、この装置で行われる「重水素実験」ってそもそも何なのでしょうか?

実は将来計画されている核融合炉では、燃料に重水素やトリチウムという、共に水素の同位体である物質を燃料として使用します。これらの物質は比較的核融合反応を引き起こしやすいので燃料として有望視されているのです。

核融合炉では重水素やトリチウムを高温のプラズマ状態にすることで核融合を引き起こさせます。LHDでは核融合反応そのものをたくさん引き起こしてエネルギーを得るわけではなく、重水素を使ったプラズマがどれくらい高い性能を出せるか、どういう状態になるか、核融合を引き起こしやすい状態にするにはどうすれば良いかを研究するのです。

‎未来の核融合エネルギーの研究の基礎的な部分に関わる重要な実験なのです(*♡﹃ ♡*)✨


▲「LHD」の内部。とにかくカッコイイ!!!(Credit︰NIFS)

★安全性とかについて

放射性物質であるトリチウムが生み出されるので、安全性とか大丈夫?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く持って安全です⸜(๑⃙⃘'ω'๑⃙⃘)⸝

‎重水素同士が核融合を引き起こすと、一定の確率でごく少量のトリチウムが生成されます。トリチウムは低いエネルギーのベータ線を出す、半減が約12年の放射性物質です。

発生したトリチウムはごく僅かな量である上に、その殆どは回収装置によって回収されますので、そこから環境に放出されるトリチウムは極めて少ない量になります(๑•̀ㅁ•́๑)✧

核融合実験施設「LHD」から重水素実験によって一年間に環境に放出されるというトリチウムの量は多くても僅か37億ベクレル程。
‎ ‎僕んちでも1個あたり10億ベクレル程のトリチウムで原子力電池を作って遊んだりしてますし、量で言えば極めて少ないのです。

10億ベクレルより少ない量のトリチウムはそもそも放射性物質として扱われないのです⸜(๑⃙⃘'ω'๑⃙⃘)⸝なので普通にネットでも買えるほか、一部の夜光時計にも使用されてます。

また核融合の時に発生する中性子線も遮蔽体という強力な壁で防げますし、プラズマの発生も装置の電源を切ればすぐ止まるので安全です。

今後も順調に研究が進むと良いですね!(っ`•ω•´c)✨
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ともにゃん

宇宙開発や原子力が大好きな魔法少女(文系成人男子)です。同人サークル「東方旅客鉄道」「隙間科学研究所」の中の人。絵描いたり同人誌書いたり。たまに女装コスプレイヤー。 人工衛星・宇宙探査機/原子炉・原子力電池/核兵器・軍事(現代兵器)/ゴスロリ女装/自作PC/まどマギ/東方/無線/バイク/鉄道/創作など。日本原子力学会員

88年生まれ
三重県出身 東京都在住

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。