【地球観測・惑星探査】宇宙機の搭載機器の光学観測波長域の比較

宇宙
03 /19 2014
探査機観測機器2-01

地球観測衛星「だいち」と「ランドサット8号機」、金星探査機「あかつき」、木星探査機「ジュノー」、土星探査機「カッシーニ」、冥王星探査機「ニューホライズンズ」がそれぞれ持つ紫外線~赤外線にかけての光学観測機器の観測波長をまとめてみました。こうして見ると人間の目に見える可視光の範囲というのは狭く、宇宙機は様々な波長で星を見ているんだなと思います。

光学観測機器と一口に言っても分光計やパンクロマチックセンサなど用途がばらばらであるため、その波長のチャンネル数や分解能などは一概に比較できるものではありませんが、単純にどういう光を見ているのか、という事に注目するとこのような感じになります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ともにゃん

宇宙開発や原子力が大好きな魔法少女(文系成人男子)です。同人サークル「東方旅客鉄道」「隙間科学研究所」の中の人。絵描いたり同人誌書いたり。たまに女装コスプレイヤー。 人工衛星・宇宙探査機/原子炉・原子力電池/核兵器・軍事(現代兵器)/ゴスロリ女装/自作PC/まどマギ/東方/無線/バイク/鉄道/創作など。日本原子力学会員

88年生まれ
三重県出身 東京都在住