【放射線】USBカメラで放射線を可視化してみました!

原子力
05 /13 2014
放射線は目に見えないものです。

なので見えるようにしようと思いました!

IMG_5826.jpg
こちらがその装置になります。

使ったのは秋葉原で500円で買ってきたWebカメラ。

アキバには毎週のように行ってますが、格安で色んなモノが買えて楽しいです。

IMG_5829.jpg

カメラは筐体をバラして中の基盤だけを取り出します。さらにレンズがついてますので外します。

すみませんちょっとバラしてる時の写真がありませんでした…

レンズを外すと撮像用の素子が露出します。七色に光ってるのが撮像素子で、これがいわゆるCMOSセンサです。

素子の周りに筒のようなものがあり、そこにネジが切ってあるのが見えてますが、ここにレンズが入っていました。

ここに直接放射線を当てると光が当たった時と同じように検出してくれるため、これをパソコンで見るわけです。

IMG_5830.jpg

使用するのはアメリシウム241線源です。10kBq未満であれば規制を受けません。

これは二酸化アメリシウムを密封した線源になります。半減期は約400年で、アルファ線とガンマ線を放出しています。

IMG_5831.jpg

これをセンサにピタッと接触させてしまいます。レンズの入ってた筒がちょうどいい具合に。

housyasen.png

そうするとこのように画面に白い斑点がたくさんバーッと出てきます。

放射線を見る方法といえば桐箱などが有名ですが、このようにカメラを使って放射線を見るのも手軽で楽しいです。

是非遊んでみてください!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ともにゃん

宇宙開発や原子力が大好きな魔法少女(文系成人男子)です。同人サークル「東方旅客鉄道」「隙間科学研究所」の中の人。絵描いたり同人誌書いたり。たまに女装コスプレイヤー。 人工衛星・宇宙探査機/原子炉・原子力電池/核兵器・軍事(現代兵器)/ゴスロリ女装/自作PC/まどマギ/東方/無線/バイク/鉄道/創作など。日本原子力学会員

88年生まれ
三重県出身 東京都在住